書斎のとも



主に創作系サイト様です。
今のところ、イラスト中心もテキスト中心も1次創作も2次創作もごっちゃです。
どちらへ行かれても素敵な世界が展開しています。





ピクリンさん


 オリジナルショート漫画がたくさん読めるあべまきとちみさんのサイト。
 アマテラスとスサノオが天上のキキとララだったり、銅鐸がバイトしてたり、発想がK点越えの楽しい漫画がいっぱいです。ワタクシには画面のはしばしの小ネタがものすごくツボで、毎回抱腹絶倒です。幕末関係のパロディ漫画も充実。可愛い絵柄のわりに毒気もじゃっかんあるのがまた素敵ですが、小鳥部屋のエッセイには心底ほのぼのしますよ〜。



M's Square


 ミズキさんメイさんのお宅。
 ミズキさんの繊細な文章も、メイさんの美しい絵も、独立した作品としてそれぞれ素晴らしいですが、ご夫婦共作の詩画セッション「あやおり」は必見です。
 残念ながら、メイさんは2005年春、急逝されました。しかし、ミズキさんがこのサイトを守っていらっしゃいますので、作品は健在です。

闇に呟くもの

 SF者けいりん氏の自作小説置き場。
 しばらく創作から離れていたのが復活、先日このHPをたちあげました。現在、復帰第1作のショートショートを展示。作品は、これから増えていく予定。ジョナサン・キャロルのファンblogもやっています。
 実は、現在消息がわかっている中で、一番古くからの友人。長く音信普通だったんですが、ネットの海の中で再会。しかし、あんまり変わってないよ、お互い……。



爽風


 かわいい女の子満載のケイツーさんのギャラリー。
 オリジナルのイラストや、模型写真も魅力的。なかでも一番のおすすめは連載中の大長編オリジナルコミック「REVIVAL」です。ぜひお読みになって、木下さんのペースに乗せられてみてください♪



PLANET Σ


 生物系サブカル愛好会Project λさんの百科全書。
 現生動物、化石動物、空想生物(妖怪など)の美麗なイラストと詳細な解説。
 知的好奇心の充足に、薀蓄の収集に、雑談のタネに、ぜひご訪問ください。



御池庵 ホームページ


 伝統の京友禅図案デザイナー御池庵 林武さんの工房。
 とりあえず美しい友禅図案で目の保養をしたい方は、「林武の図案展」のページへ。豪華絢爛たる花々や、かわいらしい人形など、様々な図案を鑑賞できます。別館の動画「桃太郎」や「新鳥獣戯画」なんかもオススメです。和風の絵にクラシックの名曲がついているんですが、ぴったりの選曲に思わずハマります。「おいけあんホームページ」の方の「戯画 おいけあん」も洒脱な雰囲気です。
 個人的には、大学時代に古辞書と『変体仮名の手引き』を片手に悪戦苦闘して(でも楽しみながら)解読した影印本の思い出がよみがえる「御池庵古文解読」とか、いちぞくのれきしを感じる「林 道太郎 エピソード」なんかも大好きです。



@RIVER SIDE


 木曽川のほとりにあるBLUE streamさん(またの名を青流さん)のお宅。
 以前ゲームリンクのページからリンクさせていただいていたのですが、ゲームの方は閉鎖されましたのでこちらにてご紹介。
 野球(燃〜えよドラゴンズ〜♪)や車、ご家族などの話題で、ときには楽しく盛り上がり、ときにはほのぼのしみじみするブログですが、なんといってもここの一押しは写真です。美しい風景はもちろんですが、なにげなくそのへんにあるものなんだけど素敵な構図で撮っていたりするのです。とてもイイ感じですので、ぜひ見にいってください。



ドラ猫のDUSTBIN


 リアルタッチのCG描きドラ猫さんのお城。
 車・バイクといったメカから映画俳優まで、美しいイラストが大量に埋蔵されています。(個人的には、特に銃器類のお部屋にうっとり……でした。)
 フォトショップでのお絵描き法のページもあって、懇切丁寧に教えてくれています。



どりあの画廊


 ロサンゼルス在住の武闘派絵描きどりあさんの画廊。
 カンバン娘の翡翠ちゃんはキュート系のめがねっ娘ですが、たくましくもセクシーなお姉さまたちも満載。オリジナルも版権モノもあり。ゲーマーの方にもオススメです。
 掲示板も充実。お絵描き掲示板もにぎわってますし、雑談掲示板でもおしゃべりも楽しいのです。
 そして、某クノイチ仲間でもあったり……



こぞのこよみのHP


 エルフ耳愛好家iravatiさんのギャラリー。(妙な紹介でスミマセン。個人的にバナーのベルカさんにつられてふらふらと訪問したもので……。)
 入ってみると、「本棚」にずらりと自作小説。思わずハマりました。隣の部屋には素敵な絵本もあり、入室した動機は不純でも、ここで心が洗われます。
 もちろん、壁紙置き場には可愛い女の子が(エルフ耳のコもそうでないコも)たくさんいますよ。



Liquid Fire


 魔獣絵師熊猫堂さんのギャラリー。
 まずハマったのが「百獣随想」と「百怪繚乱」。実在の、あるいは架空の動物たちの活き活きしたイラストに、エッセイとデータがついています。見て楽しく、読んで楽しい百科事典といった趣き。データはかなり詳細で、いつも興味深く読ませていただいております。
 カンバン娘のエルザちゃんは、ダイナマイトボディの無邪気な野生児。ネコ耳と露出度高めのコスチュームの似合うとってもキュートな女の子です。
 ゲーム系のイラストは、ゲーマーではない私でも楽しめます。
 惜しまれつつ更新停止。閲覧はできます。



薔薇十字探偵社


 推理系活字中毒者megさんのオフィス。
 展示室にいっぱいの編み物、簡単料理のレシピ……しかし、展示室自体は怪しい怪奇趣味の装飾。このへんのギャップになにかを感じた方は、迷わず日記部屋 & 書き込み処へGO。抱腹絶倒の日常と、常連様達とのかけあい漫才が楽しめます。
 また、私がこちらを訪れるきっかけになったLASIKのページも興味深いものです。手術の内容や術後の経過なんかも詳しく書いてありますので、視力が気になる方にはオススメです。
 神様が降りているとしか思えない懸賞日記や、個人的に一度もクリアしたことがないRPG「棗奇譚」なんかも、アドレナリンの分泌を高めるのに有効。



鉛筆専科


 精緻な鉛筆画を描かれますsouthern bearchさんのギャラリー。
 映画俳優や芸能人、スポーツ選手の似顔絵の他、動物や仏像などの絵も展示されています。リクエストのコーナーもあって、私はバリー・ペッパー様の絵を描いていただきました。
 モノクローム写真のような、というかモノクローム写真に魂をふきこんだような、リアルで活き活きした絵です。大好きな俳優や選手の絵もあるかもしれません、ぜひ訪れて見てください。



幻繭庵


 こちらでは可愛いうさ坊が出迎えてくれます瞳子さんのお宅。
 イラストは、なごみ系でとてもかわいらしいです。絵本や絵ことばもほっとします。
 そして、なんといっても私の一押しは「おはなし」です。やさしい言葉で奥行きのあるストーリー、個性的なキャラクター。童話をナメてない人が書いた童話、って言ったら言葉が悪いでしょうか。読みごたえあります。



Kaleodoscope


 ちひろ殿下さんのイラストblog。
 綺麗なイラストや素敵な写真満載です。ぜひおでかけください。
日記の内容もしみじみします。



びーまが

 なんと表現したらよいのでしょうか。けいこさんの編集する雑誌、かな。
 けいこさん自身の美しい絵の他、みなさんの投稿された絵(←なまらレベル高!)やよみもの、別冊マンガつきで大変おとくです。特に「ヘンな話」「スゴい話」は抱腹絶倒。3ケタにのぼるネタを一気に読みつくしてしまい、更新されたばかりなのに次の更新が待ち遠しい状態です。
 (微妙に隠れてるけど)オリジナルストーリーの別冊もあり。今後の展開がたのしみです。
(閉鎖されました。復活されたら連絡いただけると嬉しいです。)

ironomahoutukaiU
and harmony

 色の魔法使いなな美さん改め紗生さんのお部屋。
 一時期休まれていましたが、先日、日記とエッセイが中心のサイトとして復活しました。穏やかで調和の取れた、心が安らぐ系のサイトです。
 "self portrait"は、日記好きの方にオススメです。
(閉鎖されたようです。復活されたら連絡いただけると嬉しいです。)



きゃもがた通信


 ほのぼの(と、それ以外の)4コマの宝庫やすくんさんのおうち。
 登場人物は、やすくんと、奥さんのあやちゃんと、あかんぼのひなたちゃん、その他の家族や親戚や同僚の人々。彼らの日常すべてがギャグに満ちているのか、やすくんの料理の仕方がうまいのかは謎。あるいは、その両方なのではないかと思われます。
 というわけで、ぜひきゃもがたをおとずれてみてください。



ハコニワシティ


 ちょーファンシーなうどまるさんの箱庭。
 ハコニワシティに住む可愛い動物達に会いにいきましょう。個人的には、カリー屋の象さん一家がお気に入り。
 イラストが中心ですが、四コママンガや日本画も展示しています。




ROSARY


 モノトーンがとってもしぶい時渡狼くんのお部屋。
 トライガンがメインです。ショートストーリーあり。



RAINDROPS


 植物繁殖しまくりの松山万里ちゃんのお庭。
 ヒカルの碁、遊戯王、デジモンのページ……だったのですが、最近はガーデニングのページに路線変更したもよう。きれいな花や観葉植物の好きな人は行ってみよう。
 追記、現在は、「地球へ…」にはまっている模様。ヒカルの碁などのイラストもまた見られるようになりました。



へっぽこなおもちゃ箱


 (since 1997. 8.12:「MIZUKI's Page」改め)クマのぬいぐるみやレゴの詰まったMIZUKIさんのおもちゃ箱。
 本人にまったく自覚はないようですが、自然体で個性的な方です。私には、うらやましいセンスの持ち主。個人的には図書館関係のコンテンツも興味深いです。



PRINCE and the CAT


 賢人の塔 または PRINCE and the CAT
 一倉弓乃さんの長編小説。連載中。
 ここで饒舌に語るよりは、とにかく読みにいってもらうのがいいと思います。ひとこと言い添えるとすれば、「猫好きは必見」。
(注:女性向です。苦手な人は回れ右。)



WILD SOUL 2


  シャオリーヌさんのオリジナルサイト。
 活字中毒者は問答無用で訪問しましょう。絵も美しいです。
(注:女性向な部分があります。苦手な人は要注意。)






MAP LINK TOP


inserted by FC2 system